メインイメージ画像

コンタクトレンズを使用している人は定期検査で確認していく必要があります

コンタクトレンズというのは使用していて特に異常を感じていなくても、定期検査を受けることが推奨されています。自分では気がつかなかった目の障害が見つかることもありますし、度数が変化していることや、ハードコンタクトレンズの場合にはレンズのカーブが適切ではなかったことが見つかることもあります。また、コンタクトレンズの傷や劣化や変形も発見できますので、使用し続けることで起こってしまうトラブルを未然に防ぐことが可能です。

コンタクトレンズを初めて購入する際には、眼科医の診察を受けることになります。

そこで目の検査をしてもらって度数を測り、そしてコンタクトレンズの装用のしかたを教えてもらいます。その際に定期検査の必要性も指導されることになるでしょう。どんなに調子が良かったとしても、最悪の場合には失明に繋がってしまうような角膜の病気が潜んでいないとも限りません。気がつかずにカルシウムや古いたんぱく質が付着しているコンタクトレンズを使用していて、目に悪影響を及ぼしている可能性もあるのです。

最短2日でお届けのコンタクトの通販だったらこちら

取り返しのつかないトラブルを防ぐためにも、コンタクトレンズを使用している方は一定期間ごとの定期検査で、レンズの状態と眼の状態を確認していく必要があります。

一般的に定期検査は初めて購入してから一週間、そして一ヶ月、三ヶ月、六ヶ月ごとに検査をして、それ以降は三ヶ月周期で受けることが推奨されています。
大丈夫と思っていたレンズケア方法が間違っていた場合にはレンズの寿命を極端に短くしてしまったり、細菌が繁殖して目の病気になってしまったりする可能性を高めてしまいます。

コンタクトレンズが目の負担になっていないか、見え方がおかしくないかなどを、専門医に診てもらいましょう。

また定期検査時以外にも、コンタクトレンズを使用していて何らかの異変を感じたら、早めに眼科に行って診察をしてもらうことが大切です。
昨今では眼科医を通さなくても手軽に通販でコンタクトレンズを購入できるようになりましたが、その際も定期検査は受けに行ったほうが安全です。

更新情報